選挙サポート

サービスプラン

Service Plans

市区議会議員選挙立候補者/応援プラン

80万円~

オフィシャルサイト作成

選挙には、ホームページは欠かせないものです。
しかし、掲載されている情報が古かったり、全く更新されていないと意味がありません。
常に新しい情報を発信し最新の状態に保つことが重要です。

SNSアカウント作成

■ ブログ
ブログでは日々の活動などをリアルタイムに書くことができます。あなたの考え方や人柄を有権者に知ってもらうには最適なツールです。

■ Facebook・Twitter
知り合いやインターネットを通じてできた友人などと、つぶやきと、写真や動画などを共有して発信できるサービスです。
多くの情報を多くの有権者に伝えることができます。

■ Youtube
あなたの想いや情熱を伝えるためにとても効果的なのが「動画」です。
ホームビデオやデジタルカメラや、動画撮影機能がついた携帯やスマートフォンで撮影した動画データをYouTubeにアップロードし、
ホームページやSNSに連携させることで、伝わりにくい情報をより的確に伝えることが可能です。

■ LINE@
若者のユーザーが多くコミュニケーションツールに最適です。 多くの情報を発信可能です。

ポスター

有権者に自分の「顔」と「名前」を売り込んでくれる1つが「選挙ポスター」です。
ポスターのルールとして、
①大きさは、42cm×30cm
②掲示責任者と印刷者の住所・氏名を記載
③公営の掲示板に貼る
デザインや内容は自由、候補者の写真についても、特に最近のものでなくても問題なし。

ポスターの製作費用については、公費負担
(町村長・町村議会議員選挙は対象外。また、公費負担がない地域や、少ない地域もありますので各地方の選挙管理委員会に詳しくはお問い合わせください。)

ポスターのイメージは大切!?

有権者の中には、掲示板に貼られた選挙ポスターのイメージのみで、投票される方もいらっしゃいます。デザインセンスや立候補者の写真のイメージが良く、強い印象を与えられるポスターが大切です。

地元業者に丸投げにはしない方はいい!?

地元の付き合いでどうしてもポスターは地元業者でないと、とおっしゃられる立候補者様も多いのですが、よく見るポスターやテンプレートにはめ込んだようなデザインなどになってしまう傾向があります。

選挙は公約より見た目!?

写真もプロのカメラマンに撮ってもらいましょう。印刷物など製作するものも統一感を出す、キャッチコピーやイメージカラーホームページも同様に。

名刺

名刺交換には目的は挨拶です。
自分を紹介するための情報を記載し、初めて会った人に自分をアピールする武器と考えます。

はがき

この選挙ハガキ(法定ハガキ)は、選挙運動中に立候補者が自身を宣伝出来るハガキの事です。
自身の写真や政策・信条・経歴など印刷代は立候補者負担ですが、公職選挙法で配達は無料で送る事が出来ます。
送れる法定ハガキの枚数上限は選挙の種類によって異なります。

広報

新聞折り込み、ポスティングなどで原則全戸に配布される選挙公報。
発行を義務づけているのは国政選挙や知事選だけで、その他では発行されない地域もあります。

後援会会員リーフレット

写真もプロのカメラマンに撮ってもらいましょう。印刷物など製作するものも統一感を出す、キャッチコピーやイメージカラーホームページも同様に。
有権者に政策・信条などを伝え、後援会会員を募集する、最も有効的なツールです。
たとえ、入会はしてもらえなくても、政策や信条が記載されているため、支持を拡大できます。

【後援会入会案内(リーフレット)】基本的な仕様バリエーション
#